診療のご案内

当院の特色

予防医学の実践

平均寿命が伸び、以前にも増してQOL(生活の質)が重視される昨今、医療の重点は『病気を防ぎ、あるいは症状が軽いうちに対処する』方向へ変化しています。
当院でもこの考えを積極的に推進し、『いつまでも健康でありたい』というみなさまの願いに応えるべく体制を整えております。

がん超早期発見外来

CT、MRI、PET等の検査でも発見できない超早期のがんのリスクを評価できる先端医療技術を導入しております。この検査は、1回の採血で複数のがんを同時に検査できる世界初の先端医療技術です。

テーラーメイド治療

高血圧、高脂血症、糖尿病等の生活習慣病は多くの場合自覚症状が無いため軽視されがちですが、放置すればやがて深刻な状態に至る怖い疾患です。
そのようなことにならぬよう、当院では早期の段階から患者様お一人おひとりの症状、生活習慣に応じたテーラーメイド治療をご提供いたします。

最高水準の検査機器

当院では内科疾患全域を広くカバーする他、循環器疾患の診療を得意としており、最高水準の検査装置を各種擁しており旧来のクリニックの水準を超えた質の高い医療を提供しております。

心臓、腹部、頸部エコー
心臓、腹部、頸部エコー
現行機種の中では最高水準の性能を持っています。
心臓運動負荷検査
心臓運動負荷検査
病院でも導入している施設は少ない、最高水準の性能を持っています。
血管可視化装置
血管可視化装置
血管が見えづらい患者様でも採血がスムーズに行えます。
心臓、腹部、頸部エコー
血管脈波診断装置
末梢血管疾患の検査に用います。将来の脳心血管疾患の発症危険度予測も可能です。
心臓運動負荷検査
ホルター心電図
非常に小型軽量で検査の負担が少なくてすみます。
血管可視化装置
肺年齢測定装置
肺年齢、呼吸器疾患の診断に用います。
心臓、腹部、頸部エコー
セントラルモニター
心臓発作などの緊急時に診察室からも常に監視できる体制にあります。
心臓運動負荷検査
ボイスガードシステム
会話の内容を聞こえにくくする会話保護システムを導入しプライバシー保護に勤めています。
血管可視化装置
レントゲン装置
旧来の装置よりはるかに低被爆で高解像度撮影が可能です。
心臓、腹部、頸部エコー
心電図検査装置
心臓運動負荷検査
除細動器
血管可視化装置
ベッドサイドモニター

地域連携医療機関

高度の検査や入院治療が必要な場合は以下の専門病院に迅速に紹介いたします。

  • 国立循環器病センター
  • 京都大学附属病院
  • 神戸大学附属病院
  • 姫路医療センター
  • 兵庫県立がんセンター
  • 兵庫県立加古川医療センター
  • 加古川東市民病院
  • 大西脳神経外科病院 
  • 順心病院
  • 隈病院  他